バックアップ取ってない人多くてびっくり、必ずやっておきましょう

バックアップ(データのコピーを取っておく)の重要性

ノートパソコンを操作する腕時計をはめた男性の両腕

こんにちは。

今日はバックアップの重要性についてお話します。

バックアップという言葉の意味は、消えては困るデータのコピーを作っておくという事です。これから、なぜバックアップを取るのかをご説明します。

これはとっても、とーってお大事な事で、やっておかなかったらいざという時に取り返しが付かないのに、結構やってない人が多いんです。

かくいう私も、面倒臭くてまた来週、なんて事があります。

 

パソコンはトラブルが起きる事があります。それも突然。前の日まで普通に動いていたのに、今日立ち上げたら調子が悪い、動かない、そもそも立ち上がりもしない、というか電源が入らない、などという事があります。

そうなると、パソコンの中に保存しておいた大事な家族の写真や仕事の資料など、もう取り出せなくなります。

正確に言うと、サルベージと言ってトラブルが起きたパソコンのハードディスクから、消えてしまったデータを取り出す作業を行う業者も存在しますが、非常に高額(数万~数十万)ですし、確実性はありません。

つまり、大切なデータはパソコンがおかしくなる前から必ずバックアップ(コピーを取っておく)おきましょう。

パソコンメーカーも販売店(パソコンを買ったお店)も保証してくれません。パソコンはトラブルが起きない事が保証された物ではないのです。

データが消えてしまって、バックアップを取ってなかった時のショックは大きいです。
残るのは虚しさと後悔、自責の念のみです。
最悪の気分ですよ。

写真や仕事の資料など、大事なデータは定期的にバックアップを取っておく事をおすすめします。

バックアップは外付けハードディスク(以後外付けHDD)や、USBメモリなど、パソコン以外のデータを記憶する装置に取っておきます。ちなみに、これらの装置を総称して、記憶媒体とか、ストレージなどと呼んだりします。

外付けHDDが小さなお弁当箱くらい、USBメモリがライターより少し小さいくらいの大きさです。

一般的には外付けHDDの方がたくさん入ります。
USBメモリも最近はたくさん入る物もありますが、同じ容量なら、外付けHDDよりもUSBメモリの方がコンパクトな分、割高です。

家電量販店(ヤマダ電器、ケーズ電器など)に行けばどちらも売っているので、一度ご覧になると良いでしょう。

くどいようですが、パソコンは何でも保存出来て非常に便利な機械である反面、稀ですがその性質上どうしても保存しているデータが消えたり、壊れて見られなくなったりという事が起きる可能性が常にある物だという事を覚えておかねばなりません。

パソコンに保存したからもう大丈夫、では無いのです。
パソコンはたまに不具合を起こす事が想定される機械であり、その症状によってはリカバリ(後述)という、パソコンの初期化の作業が必要になる事があります。

この初期化の作業は何かというと、パソコンの中に保存されているデータやプログラムを、1度全て消去してパソコンを空っぽにしてから、Windowsを再びインストールし、パソコンを買ってきたばかりの状態戻すというものです。

つまり、これを行うと、せっかく今まで貯めてきた、ワードやエクセルで作った文書、写真、音楽、動画など、ご自分で保存したりインストールしたソフトなどが全て無くなります。

インターネットにつなぐ設定など、パソコンの初期設定も全てやり直しです。
バックアップを取ってなかったら全て消えてしまう事が想像ついたでしょうか。

最低でも月1くらい、よく使って更新するファイルは週1回~2、3日に一回、仕事にかかわる本当に重要なファイル、お子様の写真など一生の思い出などは、もう毎日バックアップ取るくらいの心意気でいた方が良いかもしれません。

ではお待たせしました、これからバックアップの方法をご説明して行きます。

 

 

バックアップを取る方法

一般的なデータのバックアップの方法をご説明します。一般的なと申し上げたのは、アプリ(ソフト)などのデータのバックアップには、専用の方法が用意されていたりするから一応申し上げたまでです。

ここでは、ExcelやWord、写真データなどを、単純にコピー&ペースト(略してコピペ)する操作になります。

今回はドキュメントというフォルダ内のExcelファイルを、USBメモリへバックアップしたいとします。

USBメモリをパソコンにつなぎます。つないで数秒してからコンピュータを開くと、USBメモリがパソコンに認識されて表示されます。

バックアップしたいExcelファイルを右クリックし、「コピー」をクリックします。

データを保存するUSBメモリの画面の、何もない白い所で右クリックし、表示したメニュー内の「貼り付け」をクリック。

これでドキュメント内のExcelファイルが、USBメモリ内にコピー出来ました。

以上で操作完了です。

 

バックアップについてのまとめ

パソコンの不具合が起きてからでは遅い

外部記憶装置(外付けHDD、USBメモリ)に保存しよう

月に1回くらいはとった方がいい

という事から、バックアップは必ず取っておこうという事です

今回はExcelファイルを例に取ってますが、Excelに限らず写真ファイルなど他のファイルでも同じ事が出来ます。

以上、基本的なバックアップについてのご説明でした。バックアップは非常に重要な事なので、必ずやっておきましょう。