フラットポイントを無効にする方法【Windows10】

10月 21, 2017

フラットポイントを使わないなら無効にしよう

フラットポイントとは、キーボードの手前にあって四角形で、マウスの代わりを果たす物です。

別名タッチパッドとも呼びます。

では、これを無効にする設定方法をご説明します。
スタートボタンから設定をクリック。

デバイスマウスその他のマウスオプション、とクリックしてたどっていき、「マウスのプロパティ」を開きます。

その上の方に、ボタン、ポインタ、ポインタオプション、などの項目が横に並んでる所があります。

ここで、お使いのパソコンにより名称が異なるのですが、「デバイス設定」とか、「USBマウス接続時の動作」とか、何かしらそんなような表現の物があるでしょうか。

または、上のタブ部分にはなくて、「タッチパッド設定」とかなんとか、または独特の表現だったりもしますが、フラットポイントの設定を変える画面に至る項目があるハズです。

ちなみに、私のパソコンですと、「Dellタッチパッド」というタブがあり、その画面内に「クリックしてDellタッチパッドの設定を変更します」という項目が下の方にあります。

マウスのプロパティの画面

Dellタッチパッドの画面

 

それをクリックすると、独特の設定画面が表示され、その中で設定をいじるようになっています。

で、そこをクリックすると「ポインティングデバイスを無効に・・・」とか、 「フラットポイントを無効に・・・」とか、「タッチパッドを無効に・・・」みたいな、チェックの付け外しが出来る項目がある筈なので、そこにチェックを付けて、「OK」をクリックします。

お使いのパソコンによって変わるので、こう設定すればOK!みたいに一概に言えないのですが、マウスのプロパティの画面の中をよく探して、表示されている項目を読んで設定してみてください。

今回の設定は以上です。