スクリーンセーバーを設定して、画面焼け防止対策をしよう【Windows10】

10月 23, 2017

パソコンを起動したまま、数分放置しておくと、画面上に何かの模様が動いたり、映像が流れたりする事があります。
これはスクリーンセーバーという機能が働いた状態であり、異常ではありません。

このスクリーンセーバーは幾つかのパターンが用意されており、また、パソコンを放置してから働きだすまでの時間も変更出来ます。

その設定方法をご案内します。

デスクトップ画面の何もない所、つまり壁紙の上で右クリックし、表示された項目の一番下の「個人用設定」をクリックします。
すると「個人用設定」のウィンドウが表示されます。

個人用設定のウィンドウ

この画面の左側に並んでいる項目の中の、「ロック画面」をクリックします。

そしたら、画面の一番下までスクロールしてください。
そうすると表示された画面の中ほどに、「スクリーンセーバー設定」という項目があるので、それをクリックします。

個人用設定のロック画面項目のウィンドウ

 

そうすると、「スクリーンセーバーの設定」という画面が出るので、中ほどにある、「スクリーンセーバー(S)」という欄のすぐ下の長方形をクリックします。

スクリーンセーバー設定のうぃんどウィンドウ

(スクリーンセーバーが設定されていなければ、「なし」と書かれている筈です)

すると、選択できるスクリーンセーバーの候補がズラッと出て来ますので、その中からお好きな物を選んでクリックします。

とりあえず選択してみると、上の方にあるパソコン画面のような所にサンプルが表示されます。

いくつか試してみて、お好きなのを選んでみてください。

また、この選択肢のすぐ下に「待ち時間」という項目があります。
これがスクリーンセーバーが働きだすまでの時間になります。

すぐ右に小さい上下の三角印があるので、これをクリックして時間を自由に変更出来ます。

あなたの好みの時間で良いのですが、だいたい10~15分くらいが一般的だと思います。

最後に「OK」をクリックして設定完了です。