デスクトップにショートカットを作ればいつもの作業がグッと楽になります【Windows10】

10月 21, 2017

アプリケーションソフトのショートカットを作る方法

頻繁に開くファイルやソフトは、
毎回スタートボタンからファイル名を探してクリックして、などといちいち3、4回クリックして開くのは面倒です。

そこで、ショートカットという物をデスクトップに作っておきます。
(デスクトップとは、パソコンが立ち上がった最初の背景の画面の事)

それでは操作方法をご案内します。

スタートボタンをクリックし、ショートカットを作成したいアプリを探します。

今回はGoogle Chromeのショートカットを作ることにします。

スタートボタンをクリックして表示されたアプリ一覧でGoogle Chromeが見える

 

Google Chromeの上にマウスを乗せ、デスクトップ上のショートカット作成したい位置までドラッグ(左クリック押したままズルズルとマウスを引きずる)したら、手を離します。
この時、アイコンと一緒にリンクという文字も表示されます。

Google Chromeのアイコンをデスクトップ上までドラッグ。

作成したショートカットの位置を、後からドラッグ&ドロップでずらす事も出来るので、とりあえずデスクトップ上まで持って来たら手を離しても大丈夫です。

 

するとGoogle Chromeのショートカットができあがりました。

デスクトップにGoogle Chromeのショートカットアイコンが作成された

 

ファイルやフォルダのショートカットの作成方法

今度は任意のファイルやフォルダのショートカットを作る方法です。
よく使うフォルダなどはショートカット作っておかないと毎日面倒くさくてかないません。

では早速行きます。

ショートカットを作成したいファイルやフォルダがある場所を開きます。
今回はピクチャというフォルダのショートカットを作ってみます。

ピクチャの上で右クリックし、表示された項目の中に送るがあるので、そこにマウスをのせます。

ピクチャフォルダを右クリックし、送るにマウスをのせた状態

すると更に表示された中に、デスクトップ(ショートカットを作成)があるのでクリックします。

すると、デスクトップにショートカットが出来上がります。

デスクトップにピクチャフォルダのショートカットが出来た

 

これだけです。簡単ですね!

次回からはそのショートカットをダブルクリックすれば、
一回の操作で開けるというわけです。

今回はピクチャというフォルダのショートカットを作る方法を例にとってますが、どんなフォルダやファイルでも出来ます。

ショートカットを作成したい物の上で今回と同じ操作をすれば、デスクトップ上にショートカットが出来上がります。