スリープ、休止状態の設定方法【Windows10】

スリープと休止状態を使いこなそう

パソコン作業をしていて、ちょっとご飯を食べたい時など、しばらくパソコンの前から離れる時があると思います。

電源を入れたままでは電気代がもったいないし、作業内容が画面に映ったままなのも気になる。電源を切るのもまた立ち上げ直すのが面倒くさいですよね。

そんな時に便利なのが、スリープや休止状態などの機能です。簡単に言えば省電力、節電機能です。

パソコンを点けたままの時よりは格段に消費電力を抑えてくれ、再開する時は数秒で元の画面に戻ってくれます。作業をしていたウィンドウはそのままです。
ちょっとパソコンから離れるけどシャットダウンする程でもない、という場合にとても便利な機能です。

 

スリープ・休止状態の操作方法

では操作方法をご説明します。

スタートボタンをクリックし、左下の電源マーク(リンゴのようなマーク)をクリック。
表示された中から、「スリープ」、または「休止状態」をクリックします。

スタート、電源マークとクリックした画面

 

もしかしたら、「休止状態」の項目がない方もおられるかもしれません。
ご安心ください。これは設定で変わる所です。
次の項でご説明しますね。
スタート、電源マークを押しても休止状態がない

 

再度使用する時は、マウスを動かすか、電源ボタンを押せば、数秒で元の画面に戻ります。

スリープと休止状態の違いですが、休止状態の方が電源を切る状態に近く、スリープにした時よりも再開するのに時間がかかります。普段使うのはスリープで良いと思います。

起動したまま >>> スリープ > 休止状態

という感じで、起動したままよりスリープは格段に省電力で、スリープと休止状態の消費電力の差はそこまではないです。

 

休止状態がない場合の対処方法

スタートから電源マークを押した際、スリープはあるのに休止状態がない場合があります。

スタート、電源マークを押しても休止状態がない

これは設定の問題ですので、変える方法をご説明します。

 

まず、「スタート」から「設定」をクリックします。

スタート、設定の順にクリック

 

すると「Windowsの設定」が開くので、「システム」をクリック。

Windowsの設定の画面

 

左側の「電源とスリープ」をクリック。

Windowsの設定、電源とスリープ

 

画面を下へスクロールしていき、「電源の追加設定」をクリック。

電源の追加設定

 

そしたら、「電源ボタンの動作を選択する」をクリック。

電源ボタンの動作を選択する

 

すると以下の画面になります。

シャットダウン設定がグレーアウト

下の方に「シャットダウン設定」があり、その中の「休止状態」にチェックが入ってません。
これにチェックを入れれば良いのですが、グレーアウト(色が薄い)しておりクリック出来なくなっています。

この時は、上の方の「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

するとグレーアウトしていた場所がチェック可能になるので、「休止状態」にチェックを付けます。

シャットダウン設定が黒くなり、チェック可能に

 

最後に「変更を保存」をクリックして完了です。

 

まとめ

私の場合は、10分以上離れそうならもう休止状態にしてます。
スリープは、ちょっとマウスやキーボードに触れてしまっただけで画面が復帰してしまうので私はほとんど使わないですね。

だいたい3時間以上離れそうだなという時は、もうシャットダウンしちゃいます。

今回はスリープ、休止状態という省電力機能のご説明でした。
ではまた!