タスクバーを隠しておき、必要な時だけ表示させる設定【Windows10】

10月 23, 2017

タスクバーを表示させないで、必要な時だけマウスで表示させるという設定をご案内します。
パソコンの画面の縦幅がせまくて、少しでも広くしたい時に便利です。

 

では操作方法をご説明します。

デスクトップ上で右クリックし、「個人用設定」をクリックします。

画面が開いたら、左側の「タスクバー」をクリックします。

個人用設定のウィンドウ

 

ちなみに、この画面へは、タスクバーの何もない所で右クリックし、表示された項目の中の「タスクバーの設定」をクリックする事でもたどりつきます。

タスクバーの何もない所で右クリックした状態

 

次に、画面の右側にずらっと項目が並んでいると思いますが、その中の「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」という所のすぐ下の、長丸ポチをクリックしてください。
するとその長丸ポチが青くなり、ポチが右側に移動します。

設定-タスクバーのウィンドウ

 

以上でこの設定は完了です。

これでタスクバーは通常時は表示されなくなります。
タスクバーを出したい時は、一番下端までマウスポインタを移動すると出て来ます。
タスクバーの位置を右や左に変えている場合は、そっち側の画面の端までマウスを持って行けば出てきますよ。

 

ついでにもう1つ。

タスクバーには今開いている画面のアイコンと名称が表示されています。

タスクバーボタンに名称も表示された状態

これらの名称まで表示されていると、タスクバーの場所をたくさん取ってしまうので、アイコンだけの表示にしたい場合の操作方法をご案内します。

先ほどのタスクバーの設定の画面で、「タスクバーボタンを結合する」という項目の下の枠をクリックし、「常に結合、ラベルを非表示」をクリックします。

設定-タスクバーの画面

 

これで名称が表示されなくなり、アイコンだけになりました。

タスクバーアイコンのみで、名称は表示されていない状態

 

今回は以上です。

ご質問などはいつでもお寄せくださいね。
お待ちします!