履歴を残さない、Google chromeのシークレットモード

Google chromeのシークレットモードでこっそりネットサーフィンを

Google chromeに限らず、ブラウザ(インターネットを見るアプリ)は、開いたホームページの履歴という物が残り、その履歴を見れば、どんなサイトを開いたのかがわかる様になっています。

ご自分専用のパソコンなら、以前に見たサイトをまた見たいけど、どうやってたどり着いたのかわからなくなってしまった、などという時にとても便利なのですが、ご家族と共用のパソコンでは、自分がどんなサイトを見たのかを知られてしまう可能性があります。

パソコンを使い終わる度に履歴を削除する手もありますが、毎回そんな事をするのは面倒だし、消し忘れる可能性もあります。
また、履歴から開きたいページがある場合に履歴がたどれなくなってしまいます。

では、Google chromeのシークレットモードという機能の使い方をご案内します。

Google chromeを起動した状態で以下のキーボードを同時押しします。

Ctrl + shift + N

または、Google chromeウィンドウの右上の方の、点が縦に3つ並んだマークをクリックし、「シークレットウィンドウを開く」をクリックでもOKです。

そうすると、もう1つGoogle chromeが開きますが、少しだけいつもと違います。
全体的に少し黒っぽいデザインで、中央の辺りと左上の方に、スパイの様な絵が描かれています。

GoogleChromeのシークレットウィンドウ

これが、シークレットモードで開いている証拠です。
この画面の中で開いたホームページは履歴に残りません。

ここで上部の枠に文字を入れて検索して使います。

他の人に知られたくないサイトを見る時には、このシークレットモードを利用すると良いでしょう。

今回はGoogle chromeのシークレットモードについてでした。