単語登録は超便利!よく使う言葉を登録する方法

単語登録は凄く便利なので必須です

単語登録を上手に使えば、文章作成にかかる時間が20~30%くらい減らせます。
ストレスに至っては、人によっては50%くらい減るかもしれません。

そんなに頻繁に使わないけど、打つのが面倒な言葉ってありますよね。
たとえば、「コミュニケーション」とか、「表示」とか。

音を伸ばす横棒「-」や小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」が入ったり、同じ指を連続で使う言葉などは、文章を打ってる最中に面倒臭くて中々ストレスです。

私の場合、こういう言葉がちょくちょく出ると文章打ってて嫌になるので、150語くらい登録してます。これからも増えて行くでしょう。

これを解決してくれるのが、Windowsの単語登録の機能です。
好きな言葉を、好きな読みで登録する事が出来ます。
たとえば、「おは」と打ってスペースキーで変換すると、「おはようございます」と表示させる様に出来ます。

ではそのやり方をご説明します。

 

単語登録の操作方法

「おは」と打って、「おはようございます」と表示させる様にしたいとします。

まず、タスクバーの「あ」とか「A」と表示されている所を右クリックします。

すると項目がズラッと出るので、「単語の登録」をクリックします。

言語バーを右クリックし、単語の登録をクリック

「単語」欄に「おはようございます」、「よみ」欄に「おは」と入力し、「登録」をクリックします。

単語の登録の画面

これだけで完了です。他の所はいじる必要はありません。

これで「おは」と入力し、いつも通りスペースキーで変換すれば「おはようございます」が変換候補に出ます。
とても便利なので、思いついたらどんどん登録して行くと良いでしょう。

ちなみに、パソコン買ったばかりの頃はたくさん登録すると思うので、タスクバーに表示させておくと、すぐ単語の登録画面が出せて楽です。

方法は、単語の登録を開いた状態だと、タスクバーにアイコンが表示されているので、それを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

単語の登録をタスクバーにピン留めする

これで常にタスクバーに表示されるようになります。

消したい時は同じように右クリックして、「タスクバーからピン留めを外す」をクリックすれOKです。

単語の登録を、タスクバーからピン留めを外す